あなたは目の前の誘惑に勝つことができますか?

あなたは目の前の誘惑に勝つことができますか?

副業を始めようと思うと
やるべきことがたくさんあります。

・商品の勉強
・集客の方法
・スキルアップ

しかし、
そういったことをしないといけないのに

・友達からの飲み会や合コンの誘い
・趣味の時間
・パートナーとの時間

のような邪魔が入って
思うように進まないなんて経験ないですか?

副業をするには
こういったものを犠牲にして
自分のやるべきことに
集中しなければなりません。

そこで質問です。

【あなたは目の前の誘惑に勝つことができますか?】

実は多くの方が
こういった目の前の誘惑に勝つことができないのです。

これはあなたが弱い人間だからではありません。
人間の性質が関係しています。

皆さんはマシュマロ実験をご存知でしょうか?
1960年代から1970年代にスタンフォード大学の
ウォルターミシェル氏が実施した実験です。

この実験はマシュマロを使って
人の自制心(セルフコントロール)と
その後の社会的成果の相関性を
証明した実験として
当時大きな注目を浴びました。

その実験の内容をは次のようなものです。

【実験の内容】

■ 4歳の子ども達186人が被験者として参加します。
■ 子ども達は一人ずつある部屋に通されます。
■ その部屋には机と椅子だけがあり、
机の上にはマシュマロ1個が置かれています。

■ 被験者である子どもは
仕掛人に次のように言われます。

「僕はちょっと用事がある。
このマシュマロをあげよう。

僕は15分後戻ってくる。
15分間マシュマロを食べるの我慢したら
マシュマロをもう一個あげる。

ただし15分間は食べちゃいけないよ。
もし食べたら2つ目のマシュマロはあげないからね!」
そう言って仕掛人はその部屋を後にします。

実験者は別の部屋に移り
モニターで子どもたちの様子を観察します。

【実験の結果】
■その結果、仕掛人が戻ってくるまでの15分間、
マシュマロを食べるのを我慢できた子どもは
全体の1/3ほどでした。

■その後の追跡調査の結果で、
15分間マシュマロを食べずに
我慢できた子どもたちは

大学進学適性試験の点数で
2400点満点中、平均して
210点高いことがわかったのです。

この実験から次のことがわかります。

■ 1つの誘惑に勝てるということは
他のあらゆる誘惑に対しても
自制心が働きやすいということです。

(ちなみに
厚生労働省が発表した調査によると
所得が低い人ほど

・野菜や肉の摂取量が減り
・米やパンなどの雑穀の摂取量が増え
・喫煙する割合が高いようです。)

目標に対して
自分をコントロールできる人が
所得が高くなることは当然でしょう。

自制心が強い人が
社会的に成功するということは分かりました。

ここで問題が1つあります。
【どうすれば自分をコントロールできるのでしょうか。】

マシュマロ実験には続きがあります。
マシュマロを15分間我慢できた子ども達には
我慢できた共通の理由がありました。

それは何かというと..
【誘惑を完全に断ち切るための工夫をしていた】
ということです。

例えば、
マシュマロを見ないように背を向けていた
マシュマロを見ないように指で遊んでいた
マシュマロとは関係ない他の方向を向いていた

このようにマシュマロが
目に入れない世界にいることで
自分の頭の中から
マシュマロを完全に消し去っていたのでした。

実は社会で活躍している人も
このような工夫をしていることが多いのです。

誘惑があると
必ず自分が負けてしまうことを知っているため
【誘惑といかに戦わないか】を大事にしています。

現状の生活に当てはめると
どういうことになるかと言うと

例えば

■ ダイエットをしたいけれども
飲み会に誘われれば、
誘惑に負けて必ず YES と答えてしまう。

誘われても大丈夫なように、
先に仕事の予定を入れておく。

■ 節約をしていてるけれども
スーパーに寄るとついつい、誘惑に負けて
いらないものまで買ってしまう。

スーパーに行くのを週に一回と決め、
一回の買い物で一週間分を買ってしまうしまう。

このように工夫すれば
わざわざ誘惑と対決することなく、
自分の思う理想的な結果に近づくことができるのです。

難しかったかもしれませんが
本日のおさらいです。

■ 私たちは誘惑に勝つことができない。

■ いかにして誘惑と
対決しないかを工夫することが大事。

■ 飲みに誘われると
YES と答えてしまうのであれば
誘われても断れるように先に予定を入れておく。

■ こういった工夫をすることで
やるべきことを遂行するのに集中し
目標に一歩ずつ近づいていくことができる。

あなたも試してみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。