物販で、、ゆくゆくはリタイア生活

いまや副業を持つのは当たり前の時代です。

働き方改革なんて言われていますが、
世界では既に本業以外の
ビジネスを抱えているのは
ごく自然なことなんですよね。

そう考えると、
日本はちょっと遅れてるよな~と
思うと同時に、

今後いろんな副業が出てきて
一人一人が稼げるチャンスが
増えてくるんじゃないかな、と
考える今日この頃です。

そんな中で、
じゃあ副業やるなら
何を始めればいいのって思いますよね。

私が副業としておすすめするのは
ズバリ「物販」です。

物販と聞くと、
アパレル物販とか教材や
書籍の販売って考える人も
多いんじゃないでしょうか?

確かにそれも物販ですが、
ここでいう物販はザックリ言って
「何でもアリ」です。

Amazonやメルカリ・フリマとかのアプリで、
個人が要らなくなった商品を
販売したりしていますよね。

要は「商品を安く買って高く売る」と
いうことをそのまま、
本業まで発展させた人が
物販プレイヤーになれる訳です。

「でもそれって商品が売れなければ
売り上げもゼロってことじゃない?」

「本当にそれだけで食べていけるの?」

そういう質問は
数え切れないほど寄せられています。

でも、
本当に活躍しているプレイヤーは、
一日に何回が画面をクリックするだけで
サラリーマンの月収以上の金額を
稼いでいますし、

物販で貯まったクレジットカードの
ポイントを使って海外を旅行したり、
高級ホテルに超低価格で
宿泊したりしています。

そうした生活をブログに載せて
広告収入を得て、
更に大きなお金を稼いで
優雅なリタイア生活を送っている人も
たくさんいるんですよ。

もちろん物販一本ではなく、
本業と並行して物販を行っている
プレイヤーもたくさんいます。

いきなり独立して物販一本でやる!と
いっても実際には、
それまでの積み重ねや
正しい戦略でやっていなければ
たちまち倒産しかねなくなってしまいます。

なので、
しばらくはサラリーマンをやりながら
物販を始めるっていうのは
戦略として賢いといえるでしょうね。

実際に、
「副業で数千万稼ぎました!」と
いって本を出版し、
独立している人たちもいます。

彼らも物販や広告収入で稼ぎまくって、
晴れて独立を勝ち取った成功者なんですよね。

では物販を始めよう、と
思った時に気になるのが、

「物販って結構手間がかかって
面倒臭いんじゃね?」と思うことです。

実際、物販は販売価格の設定や、
売れ筋の商品を見極める観察眼など、
いくつかのスキルが必要になります。

そんな中で、
「ワンクリックで稼げるって聞いたのに、
思ってたのと違うじゃん!」と
なって離脱していく人が本当に多いんですよね。

ただ、こういったスキルは
独学で学ぶのではなく、
実際に上手く行っているプレイヤーに
付いて学べば、
案外簡単に習得できるものです。

何かスキルを得ようと思えば、
まずその道のプロの模倣をせよ」と
いうのは、
どの世界でも共通の成功法則ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当方では、
これから物販ビジネスを始める人向けの
コンサルティングを行っています。

「参加者みんなで助け合うオンラインサロン、
月1000円、ペイパル決済」

最長1年で月30万円稼がせる少人数
対応コースになります。

1年後、延長在籍OK
チャットワークで24時間サポート
(最大24時間以内に返信)

相談内容は、
仕入れ価格の見極め、出品の仕方、価格の付け方、
おとくなクレジットカード他
物販に関すること何でもOK

※1年で月30万稼げなかったら半永久サポート、

※ヤフオクとか出品サイトの登録の仕方が
わからない方には初回月のみ5万円で個別対応

※月1くらいズームでグルコン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物販のプロに付いて
成功のスキルを学ぶのが、独立への最短かつ
確実なコースなんですね。

関連記事

  1. 【脳みそ🧠のストレッチ後は 心の解放・忘年会…

  2. 明日開催

  3. 【自由からの逃走を試みる】

  4. 足のしびれ

  5. 【好きなことをやっていくということ】

  6. 【グンマから 帰宅】

  7. 物販ビジネスはグローバルに!海外にも目を向けてチャンスを広げ…

  8. 【年代別の収入とはいくらか】

  9. 【道の駅、八ッ場】

  10. 【「誰でも稼げる副業」は、誰でも稼げるのか?】

  11. 販路先複数登録の勧め

  12. 【自信がないと思っている人ほど成功しない】

  13. Amazonや楽天だけじゃない! ヤフーショッピングにも注目…

  14. Withコロナ時代を生き抜くために!

  15. 【初詣へ】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

副業のご相談はお気軽にどうぞ。