WEBライティングのデメリットとは!?

WEBライティングのデメリットとは!?

WEBライティングの
副業は人気になっています。

仕事を行いながらの副業であるため、
仕事の時間と合わせて
作業をしていく必要があります。

仕事と合わせて副業を行うことで
仕事に支障を与えないことが必要です。

副業をすることで仕事に支障が出ると、
仕事での収入にプラスして
副収入を得る道がなくなります。

少しでも収入が増えることで、
あなたの生活に
必要な資金が手に入ります。


家族への投資や
自分自身への投資を行うことができるため、
必要なお金を使うことに
躊躇することが少なくなるでしょう。


しかし、
なぜWEBライティングが人気になっているのか、
デメリットも合わせて
チェックする必要があります。


誰でも在宅や働く場所を自由にしたいということ

WEBライティングを
副業として考慮に入れる方は、
仕事をしている中で副業を行います。

そのため、
副業を行う場所は
家での作業やカフェなどでの
作業ができる副業を選びたいはずです。

あなたのの考えもおそらく同じことでしょう。

日本政府の発表で老後の資金として、
2000万円の貯蓄が
必要との発表もあったことから

多くの方が副収入を獲得するために
動き出しているということです。

WEBライティングの作業では
誰でもパソコン1台と
ネット環境があれば
作業を開始することができます。

そのため、
ライティングで
副業を始めようとする方は多いです。

加えて、
場所を選ばずに作業を行うこともできますので、
移動時間や朝、夜などの
隙間時間を選んで作業することもできます。


競争相手が多いということ

多くの競争相手がいることが
デメリットになります。

副業として行う方が多いことに加えて、
本業としてライターとして
仕事をしている方もいます。

そのため、競合が多いです。

その中でも
専門性に特化したライターがいますので、

副業とするならあなたの専門性に特化して
競争相手が少ない場所などを
探して作業することが必要となります。


大きく稼ぎたい方には難しいということ

副業として大きく稼ぎたい方には
厳しいかもしれません。

本業の仕事の不安から
副業で稼げるだけ稼いで、
副業を仕事にするチャンスがあれば
それも候補とできるのではないかと
考える方もいらっしゃいます。

しかし、
すぐにそれを
実現することができる方は稀です。

大きく稼ごうとすると、
単価の高いライティングや
時間のかからない仕事を選びがちです。

その際に、
コツコツと作業をすることができない方には
ライティングの作業は向いていません。

クライアントからの手直しや
細かいチェックもあるため、
コツコツと作業ができないと
メンタルも含めて耐えられないと考えられます。


余暇の時間がなくなるということ

副業を行うことを決断するのであれば、
どなたでも
プライベートの時間を削減する必要があります。

何も犠牲を払わずに
お金を手に入れようとすることは
現実的ではありません。

時間は有限です。

副業を行う上では、
朝や夜などの仕事以外の時間を
犠牲にする必要があります。

家族との大事な時間を失ってしまいます。

収入と時間を天秤にかけて、
必要な収入を手に入れながら
時間を有効に使うバランスを
手に入れる必要があります。


単価が安いということ

WEBライティングを始めたばかりだと、
単価の高い仕事を
獲得することは難しいでしょう。

この部分でもコツコツと作業を行うことが
得意な方に
おすすめな副業となります。

副業としてWEBライティングを行う方や
本業としてライティングを
行なっている方が多いため、
競合が多く存在しています。

それによって単価を安めに設定していても
仕事を受けてくれる方がいることになります。

クラウドなどで募集されている仕事を見ても、
単価の高い仕事には応募が殺到しているため
経歴の長い方や
専門性のある方に有利になるでしょう。

単価が安い仕事であれば
実績がなくても
仕事を獲得することは可能です。

ですので、
実績がなくても
コツコツと積み上げて行くことで
いずれ単価の高い仕事や
あなたの望む仕事を獲得することは可能です。


納期に追われるということ

単価の安い仕事を多く獲得して、
副収入として望む金額まで
仕事を獲得しようとすると
納期に追われることになります。

仕事での納期などもある方もいるでしょう。

それに加えて、
副業での納期も発生してきます。

WEBライティングを
副業として行うことを選択した場合、
これは避けては通れません。

単価の低いライティングを行う際には、
設定されている納期よりも
さらに短く
効率的に作業をこなすことを考えます。

すなわち
コツコツと効率的に
作業を行うことが
必要だということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。