”売り上げ管理”は『モチベーションを管理する』ということ

「売り上げ管理はモチベーションを管理するということ」

皆様こんにちは!いかがお過ごしでしょうか?
先月あたりから、、夕方の匂いが好きなのですが
分かる方いますかね。

季節的には夏が一番好きなのですが、
夏に近づくに連れて
夏の匂いが夕方ごろに

しだすんですよね。

個人の感覚の話なので
共感するのが難しい話になるとは思いますが、
共感しにくい感覚を分かち合える人って
一気に距離感縮まりますよね。

私の場合は
中々分かち合える方には出会えて無いのですが。。

雑談はこのくらいにして
今回も表題に関する内容を
お伝えさせて頂ければと思います。

何度もこちらのメルマガにて
取り上げている物販ビジネスですが、
これまでの実績はいかがでしょうか??

今回のお話は
これから物販ビジネスを始める初心者から、
経験者問わず知らない方には
是非とも知って頂きたい内容になっております。

物販ビジネスを副業で始める理由って何ですか?

大半の人はお金を稼ぐためだと
思われますが、間違いなく正しいことです。

物販ビジネスを始める人で
このビジネスが好きだから始める!って
人はまぁ少ないと思います。
(好きな方がいらっしゃいましたら
大変申し訳御座いません)

そういう方は間違いなく
続けるモチベーションが下がって行きます。

上手くサイクルが回せてる方は
問題ないとは思いますが、
大抵の人はそんなことは無く
数々の失敗があっての成功になるので、

モチベーションを
維持していく作業というのは
実はとても大事な作業になるのです。

そうではあるものの、
ただモチベーションを高める事を伝授したとて
それって感覚的なところもあるので
実務的に必要な作業も交えてお伝えさせて頂きます。

モチベーションの維持をする中で
私は大事にしていることは、
売り上げの可視化をしていく事です。

ところで

あなたは売り上げの管理は

ちゃんと出来ていますか?

なぁなぁになっていませんか?

物を高単価で売ることに執着していて
バックオフィスの部分が
曖昧になると

モチベーションも売り上げ管理も
出来なくなってしまいます。

意外と疎かになる売り上げ管理の部分で
最低限抑えておきたい項目を
今回はお伝えさせて頂きます。

1.日毎の(週毎の)仕入れ値・売り上げ・手数料・粗利・利益率
2.月毎の仕入れ値・売り上げ・手数料・粗利・利益率
3.販路別の仕入れ値・売り上げ・手数料・粗利・利益率

こちらの3パターンは
エクセルやスプシでシート毎に分けて
管理したい項目になります。

ただ、
私の場合はこの3パターンは抑えているだけで、
もちろん人によっては
項目が多岐にわたる人もいるとは思います。

初心者から~中級者くらいの管理を
これまでしてこなかった人は
是非参考にして下さい。

エクセルやスプシを使ったことが
無い方も安心して下さい。

ネットで物販ビジネス・管理・エクセルとかで
調べて頂ければいくらでも
関数入りのデータを
ダウンロード出来るのでお調べ下さい。

私の中ではこの管理をすることで
売り上げの可視化をするメリットは
もちろんあるのですが、

もう一つのメリットは
何度もいう通りモチベーションの
維持・向上に繋がることだと思います。

どんなビジネスもその通りですが、
数字って嘘をつかないんですよね。

営業も行動量やアポ件数や
商談数などの数字をデータ化して
比較することで改善するところが出てきます。

物販ビジネスにおいても
売り上げをデータ化することで、
何がよく売れるのか売れないのか・
仕入れ数が足りないのか・
仕入れ先が悪いのか判断材料は
何個でも出てきます。

漠然とただ進めても何も進みません。

また、収益予測もある程度出来るもで、
目標金額に対しての
アクションプランも組めるので、

漠然と進めるということが無くなり
モチベーションを維持して
物販ビジネスに取り組むことが出来ます。

是非売り上げ管理をしたことが無い方は
ご参考にしてみて下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。