ホームセンターの棚の下に埃がかぶり無造作に置かれていた商品があった。リサーチする?

さて今回のテーマは

【ホームセンターの棚の下に埃がかぶり無造作に置かれていた商品があった。

リサーチする?】です。

店舗せどりをする際に、

皆さんはどのような判断基準で商品にリサーチをかけているでしょうか?
ポップは一番観察する対象ではないでしょうか。

人によっては、その店やチェーン店のポップに精通し過ぎて、

ポップだけで利益の出る商品がわかる人がいるそうです。

さて、もしホームセンターの棚の下に埃の被っている商品があったとき

リサーチするでしょうか。
これはリサーチするべき対象です。

埃が被っている商品とは、以前から販売されていたものが多く、店員さんさえも忘れているような商品です。
古株の大きなお店では意外にこういった商品がよくあります。

一見、小汚く古い商品に見えますが、ネットではこういった商品を求めている人が多くいます。
廃番になっていたりとリアルでは購入することが難しいからです。

他にも「商品が陳列しているなか、一つだけの商品がぽつんと置いてある」「同じジャンルの商品が陳列されているなか、違うジャンルの商品が置いてある」など、利益の出そうな商品は、他の商品とは何か違うポイントがあります。

逆にポップが派手でも、置き場や個数などが他の商品と変わらないようであれば、検索する価値は低いです。

店舗せどりをする際に必ずやるべきことが、利益のあった商品を見つけたときのことを詳細に記録することです。

お店のどんな場所に、どんな状態で置いてあったのか。
他の周りの商品と違っている点は何か。
なぜ価格差が発生しているのか。

こういった記録を付けていくことで、
自然と利益を出せる商品を見つける目が養われます。
反対に記録をつけていかなければ、感覚に頼ることになり、いつまでも利益の出る商品を見つける目は養われません。

店舗せどりは、スピードと検索量が命です。
店舗せどりはただでさえ、実店舗に行く時間や歩き回る、商品を検索するのに時間がかかるため、スピードがないと話になりません。

また検索量というと、ただひたすら検索すると思いがちですが、精度の高い検索で量をこなすことが大切です。

利益の出る商品の特徴を記録していき、それが脳に刻まれれば、自然とそういった商品を見つけられます。
全く利益の出ないような商品を検索するという無駄な時間の削減です。

「せどりはもう無理」と言われていますが、
たいていの副業は「もう無理」と言われています。
おそらく挫折をした人が書いているため気にする必要はありませんよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当方では、
これから物販ビジネスを始める人向けの
コンサルティングを行っています。

「参加者みんなで助け合うオンラインサロン、
月1000円、ペイパル決済」

最長1年で月30万円稼がせる少人数
対応コースになります。

1年後、延長在籍OK
チャットワークで24時間サポート
(最大24時間以内に返信)

相談内容は、
仕入れ価格の見極め、出品の仕方、価格の付け方、
おとくなクレジットカード他
物販に関すること何でもOK

※1年で月30万稼げなかったら半永久サポート、

※ヤフオクとか出品サイトの登録の仕方が
わからない方には初回月のみ5万円で個別対応

※月1くらいズームでグルコン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。