実店舗で仕入れて確実に利益を狙おう! (物販ビジネス編)

「実店舗で仕入れて確実に利益を狙おう!
(物販ビジネス編)」

こんにちは!
本日もメルマガをご覧いただき
ありがとうございます。

10月に入り気温は一段と
冷え込む時間が増えてきましたね。

季節の変わり目らしく
暑い週、寒い週と週毎に
寒暖差が激しくなってきました。

体調には十分お気をつけてください。

本日は表題にもある通り、
物販ビジネスにおける
実店舗仕入れのコツを紹介して
確実に利益を狙っていける方法をご紹介いたします!

物販ビジネスを行っている方、
これから始めようとお考えの方、
仕入れの方法は如何お考えでしょうか??

物を安く仕入れて
高く売る物販ビジネスにおいて
仕入れ方法は非常に重要となってきます。

仕入れ場所は店舗?
インターネット上?
仕入れる物は新品?中古品?

はたまたブランド品や
海外品など多岐に渡りますが、

それぞれ得意な方法があるかと思います。

その中でも今回は
実店舗における仕入れに特化して
コツをご紹介いたします。

1、店舗で行っている
特売コーナーやセール品をチェックする

安く仕入れるためには
このような特売コーナーにおける商品は
確実にチェックする必要があります。

当たり前だよ!と思っている
あなたは問題ございません。

ただ、ここで結構
間違った考えを持たれてしまうパターンとしては、
「売れてないから安売りしているんでしょ?
なら仕入れても意味ないよね」

これ一部正解なのですが、
不正解でもあります。

ではどういうことなのか解説していきます。

勿論売れていない商品を
店舗側が安売りするというパターンはあります。

売れない商品を棚に置いていても
利益になりませんからね。

そのような商品は
もしかしたら他の商圏エリアであれば
売れるかもしれません。

ただ、基本的には中々そういった商品を
売り捌くのは難しいです。

しかし中には
店舗側がどうしても
安売りしなくてはいけない状況と
いうのが発生するのです。

例えば、小売側(店舗)は
どういった業界であっても
商社やメーカーから商品を仕入れてます。

その中で契約上メーカー側がお金を多く払い、
小売側に多く仕入れてもらったり
良い棚の位置を提供してもらったりと
いうことは結構あります。

そのような都合上
本来の販売計画とは異なる事案が発生し、
現在の商品を急ピッチで
売り捌かなくてがいけないということがあります。

このように世間的には
ニーズがまだまだあるものの、

店側の都合で
安売りしなくてはいけない商品は
世の中に多々ありますので、
こういう商品は是非狙い目となっています。

2、検索急上昇ワードを確認する

実店舗仕入れでもネット上で
よく検索されている商品はチェックしましょう。

ネットで簡単に物が
手に入る時代になったからこそ、
お店側はお客様に
お店に来る理由付けをよく考えています。

それが「安い」なのか
商品の「話題性」なのかは
お店次第ではありますが、

仕入れるにもってこいの商品が
いくつかあるはずです。

そういったものが
事前にどういった物なのかは
確認しておきましょう。

本日は物販ビジネスにおける
店舗仕入れについてご紹介させていただきました。

如何でしたか。

お店側は在庫を多くは抱えたくありません。
個店とは異なり
普段あなたがが足を運ばれているお店の
ほとんどは本部で仕入れをしているため、
本部都合の安売り商品が
あるということなんですよね。

そういったお店の政治的都合の商品は
間違いなく狙い目です。

勿論実店舗仕入れが
お店までの移動時間や
商品を運搬するための移動手段など
ネット仕入れとは異なるデメリットは御座います。

全員が全員出来るようなものでは御座いません。
その辺りも踏まえて
あなたの最適解の一つの参考と
なれば有り難いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当方では”個別・物販コンサルティング”を行なっています。

追加募集するにあたり、

ただいま無料個別ズーム面談(予約制・お気軽にご依頼ください)開催中です。

月10000〜の 3コースがあります(6ヶ月更新制)ペイパル決済

詳細はズームにて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。