【Amazonや楽天だけじゃない!ヤフーショッピングにも注目したいワケとは?】

【Amazonや楽天だけじゃない!ヤフーショッピングにも注目したいワケとは?】

梅雨の季節を迎えました。
晴れの日もぼちぼちありますが、
じとじととした湿気を肌で感じます。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため
ステイホームしていたことまり、
4月以降ずっと家にいるような気がします。

今更ですが、
おうち時間の過ごし方を
真剣に考えておくことは大切ですね。

新しく始めたことがビジネスに役に立ったり、
新たな副業のきっかけになることも充分考えられます。

さて今回のテーマは
【Amazonや楽天だけじゃない!
ヤフーショッピングにも注目したいワケとは?】です。

日本国内のEC市場のシェアの多くは
Amazonと楽天で占められていると
言っても過言ではないでしょう。

あなたの周りの人に聞いてみるとわかりやすいと思います。
多く人が使っているのがAmazonか楽天です。

購入者として使って馴染みがあると、
物販を始めるときにも潜在的に
そのサイトを使用したくなります。

もちろんサイト利用者としての動線や、
出品者を見る目があるため、
購入者として使っているサイトで
物販をすることは悪いことではありません。

しかし、それだけで決めるのはもったいない。
そこで今回は馴染みのある人の少ない
「ヤフーショッピング」にフォーカスします。

ヤフーショッピングに出店する
大きなメリットの一つ目は

「初期費用や固定費がかからないため
資金の少ない人にはありがたい」ことです。

Amazonや楽天の場合は基本的に
毎月出店費用や関連する費用の支払いが必要ですが、
ヤフーショッピングでは、売れたときの手数料のみです。

物販を始めたばかりの人は資金が少ないため、
できるだけ初期投資は少なく抑えたいところ。
そういった物販を始めやすいというメリットを
もつのがヤフーショッピングです。

またヤフーショッピングを使うもう一つのメリットは
「商品ページがシンプルであること」。

楽天は商品ページが見にくいという意見があり、
楽天ユーザーでも楽天ではなく
他のECサイトを使うといった人がいるほどです。

一方のヤフーショッピングは
非常にサイトが見やすいことが特徴です。

また商品ページの作りはAmazonにも似ているため、Amazonに出品していれば、あまり中身を変えることなく、ヤフーショッピングでも出品できます。

他にも手数料が他のECサイトと比べても
安いといったメリットがあります。

色々なECサイトで出品することは
商品を見られる確率を高めることにつながります。

しかし評価が分散するリスクや、
販売手順の違いによる手間といった
マイナスポイントがあります。

特に同じい商品が並ぶECサイトにおいて、
価格以外に商品が変われるかどうかに影響するのが
出品者の評価です。

そのため複数のサイトを使うよりは
一つのサイトを使うことがおすすめです。
そして使うサイトを選ぶときも、
ただ自分に馴染みがあるのかだけでなく、
各サイトのメリットとデメリットを比較して選びましょう。

ヤフーショッピングにも
Amazonや楽天にないメリットがあります。

当方では、
これから物販ビジネスを始める人向けの
コンサルティングを行っています。

「参加者みんなで助け合うオンラインサロン、
月1000円、ペイパル決済」

最長1年で月30万円稼がせる少人数
対応コースになります。

1年後、延長在籍OK
チャットワークで24時間サポート
(最大24時間以内に返信)

相談内容は、
仕入れ価格の見極め、出品の仕方、価格の付け方、
おとくなクレジットカード他
物販に関すること何でもOK

※1年で月30万稼げなかったら半永久サポート、

※ヤフオクとか出品サイトの登録の仕方が
わからない方には初回月のみ5万円で個別対応

※月1くらいズームでグルコン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

  1. ”物販”は初心者に最適なビジネス!

  2. 商品撮影と画像加工

  3. 公開します!私が物販で成功できたワケ

  4. コツコツ稼ぐなら物販がベスト!勝ち組になるための心得とは?

  5. 【やっと繋がりました】

  6. 販路先複数登録の勧め

  7. Withコロナの時代で成功するためのルールとは

  8. 物販ビジネスの賢い仕入れの方法とは

  9. 【 子どもも大人も楽しんでいますね】

  10. 初心者が陥りがちな物販のリスクとは?

  11. 収入源は複数あったほうがいい、、

  12. 【壁にぶつかってやる気をなくしたときに、 やる気を回復させる…

  13. 決済方法

  14. 物販初心者でも無在庫販売ができる方法とは

  15. 【仕入れ同行・神奈川編】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

副業のご相談はお気軽にどうぞ。