withコロナの時代に適した「物販ビジネス」の再確認。覚えておきたい2つの理由!

日本ばかりでなく世界に目を向けても
新型コロナウイルスウイルスの勢いは衰えていません。

日本における新型コロナウイルスの感染者数や
死亡者数の増加率は一時期に比べると
落ち着きを見せていますが、

検査する人数が増えればそれだけ

感染者も並行して増えるでしょう。

本当にこのまま感染が落ち着いていくのかは
誰にもわかりません。

しかし、たとえ落ち着いたとしても、
アフターコロナの時代の企業の在り方は
大きく変わるでしょう。

企業も今回のような想定外のリスクを考えて、
事業のスリム化などを行っていくかもしれません。
また単純な仕事や作業の機械化を推し進めて、
人でなければ出来ない仕事や
クリエイティブな部門に人財を充てるかもしれません。

「正社員だから安定」ということはない、と
叫ばれていましたが、
そんな時代が確実に迫っているのです。

では何をすべきか。

資産形成や資産運用もありますが、
自分で稼ぐ力を付けるのも一つの方法です。

もちろん、いきなり副業で給料レベルまで
稼がなければならないということはありません。
まずは1万円でも2万円でも稼いで、
だんだんと増やしていくことが大切です。

このように考えると改めて物販ビジネスが
いかに今の時代に適しているのかがわかりますね。

一つ目の理由は「自宅で隙間時間に稼げること」。

転売の場合は、仕事帰りに商品を探しに行き、
仕入れたものを自宅で作業をして販売できます。
他の副業として有名なライティングや
動画編集のように、納期がない分、
本業に支障が出るような働き方をしなくてもよいのです。

仕入先の選定や仕入ルートの確立、
コピー機やバーコードリーダーなどの
設備投資を行えば、
物販ビジネスは初心者でも早く稼げますよね。

専門的な知識を必要とせず、
かつ自身の工夫次第で伸ばせることも物販の魅力です。

二つ目の理由は「リスクを抑えられること」。

物販ビジネスの一つ「無在庫物販
(もしくは無在庫転売)」では、
在庫を抱えることも資金を減らすこともなく
ビジネスができます。

無在庫物販は商品を出品して、
購入手続きされた後に仕入を行います。

資金面の心配がない、在庫がないから
スペースの心配もないという、
ビジネスにおいては珍しい分野と言えるでしょう。

リスクが抑えられているため、
初心者でも始めやすいのです。

もちろん販売するサイトによっては禁止されている、
状況によってはアカウントが停止されることもあります。

また購入後に仕入と配達しなければならないので、
通常の物販と比べると時間がかかります。
しかし、わかっているデメリットは事前に認識して、
対処法を用意しておけばよいのです、

Withコロナ時代を見据えて、
すでに副業を始めている人は
そのまま収入を増やせるように加速させていきましょう。
まだ動き出していない人は、自宅の隙間時間にできて、
リスクも抑えられる物販を選択肢に入れておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当方では、
これから物販ビジネスを始める人向けの
コンサルティングを行っています。

「参加者みんなで助け合うオンラインサロン、
月1000円」

最長1年で月30万円稼がせる少人数
対応コースになります。

1年後、延長在籍OK
チャットワークで24時間サポート
(最大24時間以内に返信)

相談内容は、
仕入れ価格の見極め、出品の仕方、価格の付け方、
おとくなクレジットカード他
物販に関すること何でもOK

※1年で月30万稼げなかったら半永久サポート、

※ヤフオクとか出品サイトの登録の仕方が
わからない方には初回月のみ5万円で個別対応

※月1くらいズームでグルコン

関連記事

  1. 【Amazonや楽天だけじゃない!ヤフーショッピングにも注目…

  2. 古物商許可証

  3. 成功し続けるための心構え!

  4. ”物販”は〇〇さえすれば月30万円稼げる!?

  5. 輸入は稼げる! 輸入のメリット・デメリットを把握して 輸入ビ…

  6. Withコロナ時代を生き抜くために!

  7. 不用品・転売の次は

  8. 物販ですぐに稼げるようになる方法とは?

  9. ”物販”は初心者に最適なビジネス!

  10. 公開します!私が物販で成功できたワケ

  11. 物販ビジネスの賢い仕入れの方法とは

  12. チャンスと捉え、withころな時代を真剣に見据えよう!

  13. 物販で収益を上げている人の共通点とは?

  14. すぐに始められる!副業やるなら物販がおすすめ!

  15. 物販をはじめるファーストステップとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

副業のご相談はお気軽にどうぞ。