物販ビジネスはグローバルに!海外にも目を向けてチャンスを広げよう

企業の給料だけに頼らず、
個人が副業や”複”業で稼ぐ重要性が
これほど叫ばれているの未だかつてなかったことですよね。

テレビやYouTubeの配信でも、
個人で稼ぐことの重要性や
その方法が発信されています。

特にビジネス系のYouTuberは
稼ぐためのノウハウをはじめ、
必要なマインドや考え方なども
無料で発信してくれてます。

ある意味、必要な時代に、
必要なツールが揃っているため、
チャンスと捉えて積極的に
学んでいくとよいかもしれません。

今回のテーマは
「物販ビジネスはグローバルに!
海外にも目を向けてチャンスを広げよう」です。

物販はビジネスとして
比較的始めやすいということは知られています。
豊富な資金や専門的な知識がなくても始められ、
かつ隙間時間にできることだからです。

なかには無在庫転売などのように、
資金を減らすことなく、かつ在庫も持たなくてよい、
従来の物販の常識を超えた方法もあります。

しかし物販ビジネスをグローバルで
考えている人はあまり多くないです。
「輸出入とか色々複雑そうだし…」
「どこから仕入れてよいのか全くわからない」と
いう人もいるでしょう。

確かにツテも知識もないのに、
急に輸出入と言われると難しいでしょう。

しかし現在は「ebay」という
海外のオークションサイトがあります。

ebayはヤフーオークションのような
オークションサイトですが、
そのマーケットは190か国にも広がっています。

つまりebayで出品を始めることは、
190か国の人を潜在的な顧客にすることと言えるでしょう。

単純に考えれば、楽天などで販売しているよりも、
はるかに多くの顧客を相手にビジネスが
できるとも言えるでしょう。

また海外の顧客は、日本では手に入るものだけど、
海外では手に入らないといったものを求めます。
カップラーメンなども、その例の一つです。

日本人からすると料金ほどの価値しかないものでも、
海外の人からすると国境を越えてでも
取り寄せたいものなのです。

このようにebayで物販をすれば、
日本人であることが一つの競争優位になるのです。

反対にebayでは、海外の商品も簡単に購入できます。
日本では手に入らない、もしくは
なかなか手に入らないものをebayで仕入れて、
販売できればどうでしょうか。

もちろん利益や送料など考えるべきことはありますが、
仕入先を海外にまで伸ばせることで
チャンスは広がるでしょう。

楽天などを利用しての物販で
いまいち売上が伸び悩んでいる、
反対に資金が増えてきたので
ぜひ新しいことにチャレンジしたい…

そんな人は海外にも目を向けて、
ebayなどの海外オークションサイトや
ショッピングサイトも視野に入れましょう。

物販でのチャンスが広がることはもちろんです。
しかしビジネスをする人として、
海外に視野を広げることは、
今後の世界を考えても重要なことと言えるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当方では、
これから物販ビジネスを始める人向けの
コンサルティングを行っています。

「参加者みんなで助け合うオンラインサロン、
月1000円」

最長1年で月30万円稼がせる少人数
対応コースになります。

1年後、延長在籍OK
チャットワークで24時間サポート
(最大24時間以内に返信)

相談内容は、
仕入れ価格の見極め、出品の仕方、価格の付け方、
おとくなクレジットカード他
物販に関すること何でもOK

※1年で月30万稼げなかったら半永久サポート、

※ヤフオクとか出品サイトの登録の仕方が
わからない方には初回月のみ5万円で個別対応

※月1くらいズームでグルコン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

  1. ”物販”は〇〇さえすれば月30万円稼げる!?

  2. 輸入は稼げる! 輸入のメリット・デメリットを把握して 輸入ビ…

  3. 成功のルールが変わった!?令和の物販攻略法とは?

  4. 【仕入れ同行・神奈川編】

  5. 【続けていける副業の進め方とは?物販ビジネスは他の副業に比べ…

  6. すぐに始められる!副業やるなら物販がおすすめ!

  7. 成功し続けるための心構え!

  8. 国内転売

  9. 古物商許可証

  10. 【コツコツまじめに愛を育みつつ稼ごう!】

  11. 【モチベーションを高める2つの要因とは?ビジネスやビジネス以…

  12. 集客不要今すぐチャレンジ  物販で稼ごう!

  13. 「一点突破」の重要性。一つのビジネスで稼げればチャンスは広が…

  14. ビジネスにおけるキャッシュフローの重要性を理解しておこう!

  15. 副業はもはや当たり前?令和を生き抜く心構えとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

副業のご相談はお気軽にどうぞ。