物販初心者が勝つための 仕入方法とは

これから物販を始めます、と
なったときにまず始めるのが商品の仕入れです。

当たり前のことですが、
物販でやっていこうと思ったら、
購入者が選びたくなるような商品を
大量に仕入れておかなければなりません。

利益を出して
物販だけで食べていこうと考えると、
大体仕入れだけでも年間200万円くらいの
予算は考えておきたいところです。

ある程度蓄えのある人なら良いのですが、
脱サラして物販を始めようというときに
貯蓄に余裕があるという人はむしろ少数派でしょう。

今物販で成功している人達でも、
独立当初はそんなに蓄えのないという
パターンの人が多いものです。

物販を続けてある程度
粗利益が出るようになって、
お金持ちの仲間入りを果たしているわけです。

だから、資金がないから
物販を始められないと考えるのは、
とてももったいない発想なんですよね。

じゃあ、資金が無い人がどうやって
物販に参入するかっていったら、
クレジットカードを使えばいいわけです。

クレジットカードには与信枠があって、
カードを持っていればATMに行って
いくらかお金を借りることができます。

与信枠は最初は低めに設定されていますが、
物販で支払い実績を積んでいけば
限度額も上がっていって、

数百万〜一千万円くらいまで
利用できる強力なカードもあります。

とにかく物販を始めるなら、
現金支払いではなく
クレジットカードが圧倒的に有利です。

というか、
もう鉄則と言っていいでしょう。

仕入れのときでも現金が無くて
あの商品が仕入れられない、
なんてこともなくなるわけです。

クレジットカードなら
請求日まで期間があるので、
購入者からの入金が
先になる場合だってあります。

物販では大量の仕入れをして
購入者が欲しい商品を揃えておく
スピードが命なので、

キャッシュフローが圧倒的に
改善するクレジットカードは
必須アイテムですね。

ここで、クレジットカードを選ぶときに
何に気を付ければいいかということを
見てみましょう。

クレジットカードを選ぶなら、
まず与信枠が将来的にどのくらいまで
アップできるかをチェックしておくことが
おすすめですね。

やっぱり物販をやるなら
カードの数を少なくした方がスムーズです。

クレジットカードの利用明細は
確定申告でも使いますが、
カードが多くなり過ぎるとやっぱり面倒ですよね。

それから、カードがあまりにも多いと
「この人はちょっと信用できないのではないか」と
思われて、新しいカードの審査に
通りにくくなることがあります。

また、「成りすましではないか?」という
確認のために頻繁に
電話がかかってくるようになります。

そういう点から考えても、
やっぱり与信枠の強いカードを
2~3枚くらいまでにしておくのが、
物販で勝つためには有利でしょうね。

以上見てきたように、
物販始めるならクレカは必須アイテムです。

売り上げが上がってくればポイントも溜まって、
マイル交換でお得に海外旅行できる、
なんてリッチな生活も目の前まで来ています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当方では
これから物販ビジネスを始める人向けの
コンサルティングを行っています。

「月々1,000円のオンラインサロン、ペイパル決済」
最長1年で
月30万円稼がせる少人数対応コースになります。
1年後、延長在籍OK

チャットワークで24時間サポート(最大24時間以内に返信)
相談内容は、仕入れ価格の見極め、出品の仕方、価格の付け方、
おとくなクレジットカード他物販に関すること何でもOK

※1年で月30万稼げなかったら半永久サポート、

※ヤフオクとか出品サイト登録仕方がわからない方には
 初回月のみ5万円で個別対応

※月1くらい、ズームやリアルでグループコンサル

すでに成功している
プロのコンサルティングを受けることで、
物販で勝てる確率はかなり高くなるでしょう。

関連記事

  1. 【「誰でも稼げる副業」は、誰でも稼げるのか?】

  2. オプション

  3. 古銭・コイン

  4. 物販ビジネスの賢い仕入れの方法とは

  5. 【やっと繋がりました】

  6. 【コツコツまじめに愛を育みつつ稼ごう!】

  7. 【0期オンラインサロン募集】

  8. チャンスと捉え、withころな時代を真剣に見据えよう!

  9. withコロナの時代に適した「物販ビジネス」の再確認。覚えて…

  10. 取引メッセージ

  11. アマゾンは大口登録への勧め

  12. 具体的な目的設定を行い、一段階上を目指そう!

  13. 【 子どもも大人も楽しんでいますね】

  14. 不用品・転売の次は

  15. オプション②太字テキスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

副業のご相談はお気軽にどうぞ。