気を付けて!知っておくと避けられるWebライティングの失敗談とは?

「気を付けて!知っておくと避けられるWebライティングの失敗談とは?」

Webライターとして案件をこなしてくると、
時には「ええっ?!」と
思う経験もすることになります。

きっかけは様々ですが、
それらの中には、事前に知っていれば
避けられるものも含まれているのです。

そこで今回は、
Webライターが陥りがちな、
いわゆる失敗談と対策をご紹介します。

・テストライティングに合格しない…?

テストライティングとは、
ライターの実力を試すという名目で
クライアントから求められるものです。

クライアントが用意した指定のキーワードや
構成を使って、
正式な依頼を受ける前のテストをします。

その結果をクライアントが確認し、
そのライターに依頼しても
問題がないかを見極めるものと考えると良いでしょう。

しかし、このテストライティングが非常に曲者です。

いくら丁寧に取り組んでも合格せず、
正式な案件を受注できないケースがあります。

テストライティングも通常の案件と同様、
レギュレーションに沿って
ライティングを行わなけれなりません。

案件も、1,000字程度のものから、
5,000字のものや構成から必要なものなど、
ライターにとっては
負担の大きいものも散見されます。

そして、あれこれ調べて構成を考え、
長文を書いても、理由がわからないまま
不合格になってしまうケースも珍しくないのです。

もちろん、自分のスキルが足りず、
基準が満たせていないために
不合格となっている可能性もあります。

しかしテストライティングが
正しく評価されているのかどうかは、
ライターにはわかりません。

もしかすると
最初から不合格になることが
決まっていたのかもしれません。

しかも、
「不合格でした」と返信されても、
自分が書いたものが返ってくるわけではなく、
実はどこかで
使われている可能性も否定できないのです。

あれこれ考えると、不信感が湧いてきます。

対策としては、
低単価もしくは無料のテストライティングは
受けないことが一番良いでしょう。

よほど興味があって書きたい案件となれば
話は別ですが、
スルーすることで悶々と思いを巡らせずに
済むことは言うまでもありません。

・低単価案件をたくさん持っているから時間が足りない

低単価の案件を抱えていると、
収入につながらないにもかかわらず、
多くの時間を割かれることになります。

副業として限られた時間で受注している場合、
時間の使い方は非常に重要です。

とは言え、
Webライター駆け出しの頃から
ご縁のあるクライアントさんは、
自分を成長させてくれた大切な人でもあります。

現状様々な案件を受けられるようになっても、
お付き合いから当時と変わらない単価で、
継続して仕事を受けていることもあるでしょう。

しかし、今は初期の頃よりも
ライティングレベルは上がっているはずなのです。

それなのに、
「断ってしまってはクライアントに悪い」と、
超単価契約を継続している…
そんな話も、実は珍しくありません。

確かに、断るというのは
勇気やスタミナが必要な行為です。

趣味で
Webライターを名乗っているのであれば、
それでも問題はないのかもしれません。

ですが、副業とは言え
Webライティングを収入源として
考えているのであれば、
いつまでも低単価案件を続けていては、
収入が増えないことも確かです。

ちなみに、
低単価案件だからと言って
適当な仕事をしていいわけではありません。

受けた仕事については
できる限りの対応をするという点では、
低単価案件は非常に効率が悪いのです。

また、単価が低いからといって
楽な仕事というわけではないことが多いのも事実です。

細かく修正依頼を出してくる
クライアントは山ほどいます。

仕事が波に乗ってきているのであれば、
低単価案件は勇気をもって断った方が良いでしょう。

その案件に費やしていた時間を、
少しでも高単価なライティングに回した方が
収入につながることは言うまでもありません。

単価交渉をするという手段もありますが、
先方も計算して発注していることを考えれば、
なかなか難しいと考えられます。

・レギュレーションが細かすぎて辛い

レギュレーションとは、
クライアントがしている、
いわば案件についての執筆マニュアルです。

このレギュレーションを満たせていないと、
時間をかけても納品ができずに差し戻され、
苦しむことになります。

いくら良い文章を書けていたとしても、
クライアントが望む体裁になっていなければ、
受け取ってもらえません。

Webライターにとって、
クライアントからのレギュレーションは
非常に重要なのです。

不要な差し戻しを避けるためには、
とにかく「レギュレーションをきちんと読む」
しかありません。

しかしそのレギュレーションは、
数十ページに渡る濃厚なものも、
非常にあっさりしたものもあります。

指定が細かすぎると、
書く都度振り返らなければならず、
思った以上に時間がかかるケースもあるでしょう。

実際に一本書いてみたら、
レギュレーションが細かすぎて
整えるのに時間がかかったり、
自分の書き方に合わなかったりする場合も
少なくありません。

自分の気の配れる範囲を超えていたり、
書き方と合わないと感じたら、
受け持った仕事を終えた上で、
その仕事からは手を引くことも
考えても良いかもしれません。

●まとめ

Webライターとして活動を始めると、
「こんなこともあるのか」と
感じるようなことはいくつも起こります。

それらも経験の一部ですから、
過剰に恐れずにチャレンジして行きたいものです。

上記のようなトラブルは、
知っていることで避けられます。

受注の際には、
ちょっと気を付けてみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当方では”個別・物販コンサルティング”を行なっています。

追加募集するにあたり、

ただいま無料個別ズーム面談(予約制・お気軽にご依頼ください)開催中です。

月10000〜の 3コースがあります(6ヶ月更新制)ペイパル決済

詳細はズームにて

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。