自然治癒力をアップするということ

健康について記事をアップしていると

毎回のように出てくるキーワードがある。

「自然治癒力が低下」とか、

「自然治癒力」とはそもそも何ということで

今回軽〜く掘り下げてみました。

自然治癒力(しぜんちゆりょく)とは、

人間・動物などの心身全体が生まれながらにして持っている、

ケガや病気を治す力・機能を広くまとめて指す表現。

手術を施したり、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のこと。

ーーー出典:自然治癒力 ウィキペディアwikipediaより


免疫は自然治癒力の主役

自然治癒力とは

それこそが人間がもつ生命力そのものです。

体を健康な状態に維持するためには、

(1)体の機能のバランスや秩序を正常に保つ(恒常性維持)

(2)病原菌など異物の侵入、変質した自己細胞を殺傷して体を守る(自己防衛=生体防御)

(3)傷ついたり古くなった細胞を修復したり新しいものに交換する(自己再生=修復・再生)

の仕組みを十分に働かすことです。

本来、これらの自然治癒力の3本柱は、私たちの身体に自然に備わっているものです。

免疫力を高めるには、①免疫バランスを整える。②免疫力を上げる。の二通りがあります。

運動、睡眠、ストレスをためないなど生活のしかたが重要で、

とりわけ食生活の改善とストレスをためないことが鍵を握ります。

ーーー出典[編集]:免疫プラザより


東洋医学とか儒教とか記憶が定かでないが、

今回の「自然治癒力」について調べてたら

「中庸」という言葉が浮かんできた。

「かたよることなく、常に変わらないこと。

過不足がなく調和がとれていること。また、そのさま。」

が意味のようです。

ストレスがからだに大きな負を

落とし込んでいるこの時代。

医療費がとんでもない勢いで

年々膨れ上がっている状態、

たまに上京するとなんとも言えない

電車内のギスギス感と同時に感じる。

しら〜とした(なんだろう?敗北感?諦め感?)感じ

ストレス感かもしれない。

そんなみんなの気持ちを

「中庸」に近づけるように

あらためて、

「健康フィットネス・Sole to Soul®️」を

日本全国はもとより

世界にも発信し続けなければと

再確認しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。