物販をはじめるファーストステップとは

物販をはじめる人は
会社勤めの人だったり
学生さんだったりと
さまざまですが、

初めのうちはほとんどの人が
お金に困るものです。

独立して物販をやるにしても、
ある程度まとまったお金が無ければ、
仕入れやら生活費やらで
あっという間に
貯蓄が底を尽きてしまうでしょう。

実際、
会社勤めで毎月5万円以上とか
貯金できてる人って
あんまりいないですよね。

じゃあ、物販はじめるときに
どうやってお金を貯めればいいか?

おすすめなのは、
やっぱり家にある不用品を
販売してしまうことですね。

皆さんは、
いらなくなった服やDVDとかを
簡単に捨てたりはしていませんか?

もしそうだとすると、
結構な金額を
手に入れるチャンスを
スルーしちゃってるかもしれませんよ。

言い方はちょっと
乱暴に聞こえるかもしれませんが、

「自分がゴミだと思っている商品でも
世界中の誰かから見れば、
今すぐお金を出してでも欲しい!」

という
商品だったりするんです。

映画館のみで配布された
パンフレットだったり、
期間限定のキャラクターイベントの
スタンプカードとかはその典型ですね。

貰っちゃったけど
荷物になるしまあいいか、と
捨ててしまうのって、
あまりにももったいないですよね?

実際、
私も物販はじめるに当たって
家にあった不要品を
片っ端から出品していきました。

映画館で貰ったアニメの
クリアファイルでも600円くらいの
値段で売れて、

しかも、
結構反応が良くて
出品してすぐに注文が来て
販売実績を積んでいくことができました。

中古の本やゲームソフトでも、
やっぱり欲しいという人はいるので、
買った時よりも高い値段で売れましたね。

そんなこんなで、
仕入れ無しの不用品出品だけで
26万円ほどお金が入ってきました。

「ゴミをお金に換える」という
発想で、
思わぬ大金が転がり込んでくる
場合があるわけですね。

不用品出品が軌道に乗ってくると
部屋の中がすっからかんになって、
言ってみれば

「断捨離ができたな!」って

いう感じですね。

眠っているお金を
換金してしまうことで、
確実に運気が上昇していったという
感じがありました。

出品の手間はかかるものの、
ディスカウントストアで
売るのに比べて圧倒的に
お金を稼ぐことができます。

また、不要品を出品することで
「この商品を出品したら
市場がどう反応するのか」という
感覚を養うことができます。

会社勤めだと
「稼ぐ」という感覚が鈍って
しまいがちなんですが、

不用品出品をすることで
稼ぐ感覚を養うことができます。

この感覚は、
独立して生き残っていくためには
必須なので、
ぜひチャレンジしてみましょう。

仕入れには結構お金もかかるので、
物販初心者がある程度まとまった
お金を確保するためにも、

まず家にある不用品を
出品してみるのがおすすめです。

「ディスカウントストアで
売ったら100円だった商品が、
ネット物販で2000円で売れた」

なんて話もザラにあるので、
これを使わない手はないでしょう。

当方では
これから物販ビジネスを始める人向けの
コンサルティングを行っています。

「月々1,000円のオンラインサロン、ペイパル決済」

最長1年で月30万円稼がせる
少人数対応コースになります。

年後、延長在籍OK

チャットワークで24時間サポート
(最大24時間以内に返信)

相談内容は、仕入れ価格の見極め、
出品の仕方、価格の付け方、
おとくなキャッシュカード他
物販に関すること何でもOK

※1年で月30万稼げなかったら半永久サポート、

※ヤフオクとか出品サイトの登録仕方が
 わからない方には初回月のみ5万円で個別対応

※月1くらい、ズームやリアルでグループコンサル

物販って
結構孤独な作業をこなすことになるので、
一人でやるのは精神的にきつかったりします。

既に物販で成功している人のコンサルを受けながら、
物販を起動に乗せるというのがおすすめですね。

関連記事

  1. 古物商許可証

  2. 【朝まで5次会・元気すぎる戦友】

  3. 古銭・コイン

  4. 販路先複数登録の勧め

  5. 【放置プレイ、、からの!】

  6. 初心者に最適なビジネスとは

  7. 国内転売

  8. 【コツコツ真面目に】

  9. 収入源は複数あったほうがいい、、

  10. 物販ビジネスの資金繰りを改善する方法とは

  11. 物販初心者が勝つための 仕入方法とは

  12. 物販ビジネスの賢い仕入れの方法とは

  13. 【やっと繋がりました】

  14. 物販で30万円稼ぐ方法とは

  15. 【タダで役に立つ情報はあるのか】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

副業のご相談はお気軽にどうぞ。