WEBライティング初心者ライターのためのリサーチ方法とは?

WEBライティング初心者ライターのためのリサーチ方法とは?

WEBライティングにも多くの分野があり、

WEBライティングとは、
「SEO対策+文章を書く」などと言った
簡単な話ではないのです。

ブログ記事は
その他大勢の人の中から
あなたの見込み客を探し出す手法ですし、

メルマガはあなたの顧客になるよう
見込み客に語り掛け、売込みをかけるツール。

つまり、
ブログ集客を狙うためのリサーチ方法と、
メルマガの記事を見つけるためのリサーチ手法は
異なるのです。

そんな多岐にわたって
一つづつ異なるリサーチ手法にも、
リサーチ手法の原則としての
共通の部分があります。

今回は
そのリサーチの共通部分についてお話ししましょう。


リサーチ方法とは、どんなものか。

リサーチの目的は、
次のようなこと事を調べることです。

あなたがWEBを通じて話しかける相手のこと
ライバルの状況
環境
そして、これらのことが今どうあるのか、
これからどうなっていくか、

それから、
どうなっていってほしいのかということを
見つけることが「リサーチ」。

このようなことを調べたら、
自然と記事も書けるようになるし、
コンセプトも定まる。
書いていかなければならないことも決まるし、
書いてはいけないことも決まります。

そのためのリサーチ、
これから、
あなたが前に進むためのリサーチを
次にご紹介していきます。

初心者ライター向けのリサーチ方法なので、
わかりやすく説明していきますね。


初心者ライターのための3つのリサーチ方法

WEBのコンテンツを作ることが
ほとんどなかった初心者ライターだと、
こんな状態ではないでしょうか。

リストがない
何を書くべきか、という前情報がない
コンテンツを書いていく手法がわからない
・・・・等々

こんな状態、あれもない、これもない、
ないない尽くし状態、ではありませんか?

そんなあなたのために0の状態から、
1の状態に引き上げるための
リサーチ手法をお伝えします。

今回お伝えする方法は、
すでに1歩でも成果を出すことができた人向けの
リサーチ手法ではありません。

全くの0の状態の初心者の方が
取るべきリサーチ方法、
ないない尽くしの
あなたのためのリサーチ手法です。

それでは、初心者ライターのための
3つのリサーチ方法を
わかりやすく説明していきます。


発信媒体を使って聞く

まず一つ目のリサーチ方法は
あなたが手掛けている
「発信媒体を使って聞く」ということです。

ブログならブログ、
メルマガならメルマガ、
SNSならSNSと、
あなたの得意としている媒体、
取り組んでいる媒体で聞いてみましょう。

例えば、
コピーライティングの見込み客の
興味のありそうな話題を調べるなら、
こういったものはどうでしょうか。
「今、あなたの商品が
売リ切れになるような広告の手法を伝えたいのですが、
興味ある人はいますか?
もし、興味がある人が多ければ、
シェアしていこうと考えています。
あなたからリクエストがあれば、
ドンドンお答えしますので、
ぜひ、ご連絡くださいね。」
もし、この悩みや
興味のある問題が手に入れば儲けもの。
たとえ、
誰からもレスポンスがなかったとしても、
得られる情報はあります。
つまり、
レスポンスが無いということは、
あなたが集めている対象と
語りかけた内容が大きくかけ離れているか、
あなたの周りに集まってきた人が少なすぎるということ。
なので、
このグループに対して
コピーライティングの売込みを現時点で投下することは、
まだ相応しくない、と
いうことになります。
・ライバルを調べる
また、
ライバルが何をしているか見るのも
大きな情報を得ることができます。
どのように集客し、どのように売り込みをかけているか。
どのようにマネタイズしてお金に変えていくのかと
いう勉強にもなります。
ライバルは、敵ではありますが、
先生でもあります。
盗めるところはどんどん盗んで、
あなたの力に変えていきましょう。
具体的には、
相手の発信内容をモニターしたり、
無料ラインや無料メルマガに登録したり、
直接コンタクトをとったりすることで、
情報を得ることができます。
相手の商材を買ってみるのも一つですよね。
敵に塩を送ってもらいましょう。
・WEBで調べる
一番手っ取り早い方法が
知恵袋や小町などを使って
悩みや疑問を調べること。
ですが、
この情報の信ぴょう性はとても薄いので、
裏付けを取っておくことが必要です。
発信者や
回答者の思い込みであることもありますし、
ポイントを稼ぐために
適当なことを書いているだけかもしれません。
あなたが調べた情報が
たとえ間違っていても
だれも責任は取ってくれません。
そんな情報を、
さも真実であるかのように語っていると、
あなた自身の信頼性を
叩き落してしまうことになってしまいます。
だからこそ、
この情報の真偽を
自分で確かめておくことが必要なのです。
それが、
あなたの信用を傷つけずに
高める事につながるのです。
間違っても、うのみにして、
そのまま公開することは、控えておかないと、
そのつけが、いずれあなたに返ってくるのですから。
・まとめ
以上、
「WEBライティング初心者ライターのための
リサーチ方法、厳選3選」をお届けしました。
リサーチ次第で、
あなたのコンテンツの評価が変わってしまう、
そんなWEBライティングのリサーチ。
しっかりと
結果が出るリサーチで
WEBライティングを推し進めていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。