WEBライティングは「時間管理」が重要ポイント!

WEBライティングは時間管理が重要ポイント!

副業としてライティングを行う方は
増え続けています。

はじめのうちには
文字単価での契約に
なることが多いため、
文字数を多くこなすことが必要になります。

大きな仕事をしたいと考えても
すぐに出会うことができる方は
ごく少数ではないでしょうか。

コツコツと積み上げていくことで
いずれ
大きな仕事に繋がることがあります。

毎日数時間ずつ作業を行って、
より早い時間で
文字数をこなすことも可能です。

ただし、今後の生活の不安や
日々の仕事へのストレスから
解放されるために、

副業で収入を得ることを考えていても、
逆効果になることも考えられます。

通常、起床後、仕事に行き、
帰宅してから副業の時間に充てることが
考えられます。

晩御飯を食べてから
夜中まで作業することも可能になります。

その時、
どのような問題が起きるのでしょうか。

時間や身体への負担も
大きくなることがあります。

「ワークライフバランスが大事!」と
いうことは
どこででも耳にします。

それに加えて、
会社の先輩や友達など誰からでも
話を聞くことがあります。

家族と同居しているのか、
一人暮らしなのかだけでも
「時間」を
どれだけ取れるかが違ってきます。

また、
副収入をどれだけ確保したいのかも
人それぞれで変わってくるでしょう。

・眼精疲労
・睡眠不足
・家族との時間がない
・プライベートが犠牲


これらは、実際に起こってみないと
わからないことが多くあります。

パソコンの画面を何時間も
見ながら集中していると
どうしても目や脳への疲れが
溜まってしまいます。

仕事中に作業を行っていても
パソコンを使うことは多いですが、

それに加えて
副業でのWEBライティングに関しても
パソコンやスマホ、
タブレット等での作業になります。

目がショボショボしてきて
集中力が保たなくなってきます。

目が充血したり、
乾いてくると
目薬無しでは
生活ができない状態になることもあります。

パソコン画面を見ているときや
電車・車での移動の際に
視点を移動する時に
ピントが合わないなどの
症状も出ることがあります。

さらに、
身体の症状では肩や首が凝って、
頭痛が起こることがあります。

倦怠感や
吐き気が発生することもありますので
目の疲れだけではないため、
日常生活への支障が考えられますので
注意が必要です。

副業の時間を捻出しようとする際には
睡眠時間を削る方が多いのではないでしょうか。

深夜2時、3時までライティング作業を
行いながら朝に出社する必要がある場合は
睡眠時間が3、4時間だけになってしまいます。

ショートスリーパーと言われますが、
それで疲れが抜けて
日常生活に支障がなければ
睡眠時間が短くても良いでしょう。

しかし多くの方の場合、
疲れが取れない時には
身体への負担が出てしまいます。
ライティングでの副業だけではなく、

どのような
副業を行なっていても同様の話ですが、
家族との時間や
プライベートの時間が少なくなります。

WEBライティングの場合でも、
ライティングやリサーチをする時間が
必要になりますので
他の時間を犠牲にする必要があります。

1日の4分の1程度は睡眠時間に
充てられていますので、
睡眠時間以外の時間を削ることを考えます。

仕事の前の朝に
時間をとることも考えられます。

朝や夜の家族での団らんの時間を削って
副業に時間を充てることで
収入を得ることができますが、
生活の質を落としてしまうことも考えられます。

WEBライティングだけではなく、
副業として収入を得るためには
時間や身体が犠牲になる可能性もあります。

睡眠不足や眼精疲労によって
生活の質が落ちてしまうことがあります。

生活の質が下がってくると、
仕事や副業での作業効率の悪化に繋がります。

パソコンひとつで作業を完了することが
可能であるWEBライティングですが、

有限である「時間」を
どのように使用するのかを
「自ら管理することが必須事項」になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。