文章以外でWEBライティングで注意することとは?

文章以外でWEBライティングで注意することとは?

WEBライティングを行う上では、
文章の作り方や接続詞の入れ方、

てにをは

などの
文章作成上のルールに目が行きがちです。

実際、
そのようなルールは基本的なことですので
注意して確認する必要はあります。

基本的なことが抜け落ちていると、
クライアントからの手直しの要求や
読み手に伝わらないことの原因にもなります。

難しいことをやってのけることよりも
基本的なことを
漏れなく行うことが重要なため、
それらに注意することは必要なことです。

それに加えて、
WEBライティングを行う上で
頭の片隅に入れておくことで作業性の向上や

クライアントからの評価を得ることに
繋がることもありますので
チェックしてください。


レギュレーション(絶対に守らなけれいけない規則・規定)を守る

コンテンツ作成では
クライアントからのレギュレーションを
守る必要があります。

レギュレーションを守らないで
書き手の書きたいように作成しても
納品として受付してもらえません。

日本語の使い方や表記を統一する方法、
同じ文章を続けて使わないなどの
基本的なルールだけではなく、

クライアントごとに
それぞれのルールを
作成している場合もあります。

レギュレーションとして、
資料をもらうことがありますので
注意して確認が必要です。

守らなければ
次の依頼がこないこともあります。


リサーチの時間を決める

リサーチは
何時間でも行うことができますし、
綿密に行う必要があります。

だからこそ、
時間を決める必要があります。

納期から逆算してどのくらいの時間を
リサーチに使うことが可能なのかを
しっかりと計画します。

ライティングに移る際に
必要なリサーチを行うことが
求められますので、
少なすぎると作業中に
リサーチをし続けなければならず、
ライティング作業に時間がかかります。

リサーチとライティングは
切り分けて
時間を作ることがおすすめです。


シンプルにまとめる

シンプルにまとめることが
読者への読みやすさにつながります。

無駄に長い文章を作成しても
読んでもらえず、
離脱することにつながりますので
必要な箇所を見極めることが必要です。

無駄な接続詞や装飾を省いて
シンプルなライティングを
心がける必要があります。


トンマナを注意する

トンマナは
掲載するメディアにとっては
重要なものになります。

トーン&マナーの
略として使われていますが、
メディアに掲載されている文章の調子や
色調が統一されているか、
様式やタッチが似ている文章なのかを確認します。

デザインやスタイルに一貫性がないと
メディアとしての狙っている読者層に
刺さらない文章になる恐れがありますので、
同様のトーンでの文章作成を行っています。

そのため、
レギュレーションと共に
トンマナを確認しながら
作業を進めます。


頭を冷やしてからチェックする

文章が完成してから
最終チェックを行いますが、
完成後すぐにチェックに移ると
ミスに気づかないことがあります。

ライティングを行なっているときには
興奮しながら
一気に書き上げて行くこともあります。

そのため、
単語のミスや
基本的なことを落としても気づきにくいです。

そこで、
時間があるときでは
一晩明けてから
チェックすることもおすすめです。

時間がないときでは、
少し時間を明けてから

レギュレーションのチェックや
単語のミスなどを確認することで
ミスに気づきやすくなりますので、
クライアントへ
手間をかけさせないことにつながります。


まとめ

WEBライティングを行う上では
文章を作成する基本的な注意点を
しっかり守る必要はあります。

それに加えて、

クライアントの運営するメディアにおける
レギュレーションを守る必要があります。

レギュレーションを
しっかりとチェックしてから
作業することで

トーン&マナーを
確認することにもなりますので
構成を検討する前に確認します。

レギュレーションをチェックしたら
リサーチに移りますが、

リサーチの時間を決めることが
おすすめです。

ライティング作業とリサーチの時間を
事前に把握しておくことで
無駄無く作業を進めることが可能です。

リサーチは何時間でも行えますので、
納期から逆算して
時間を確保することで
スムーズな文章作成ができます。

読者の読みやすさを考えた際、
シンプルな文章が
一番読みやすいです。

必要なことだけを残し、
無駄な部分は削ぎ落として行きます。

最終チェックの時には
無駄無く作成しているかを
確認しますが、

興奮しながら一気に
ライティングを行なっている場合は特に、
時間をおいてから
チェックすることがおすすめです。

頭を冷やしてから作業することで
気づきにく部分も
見えてくることがあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。